環境・品質方針

[基本方針]
 当社は、市場に各種光学ガラス製品、ファイバー製品、光応用製品、医療機器を汎用及び受注製品として設計、生産、販売を行い、お客様のご要望に応え、ご満足いただける製品を提供します。また、これらの製造において生じる環境への影響を最小限に抑えるために、環境保全活動に取り組みます。
[行動指針]
  1. ① お客様のご要望に応える製品を設計・開発し、当社が培った技術と高い品質を盛り込み、お客様の信頼を得るよう努力します。
  2. ② 生産活動において、関連する法令・規制・要求事項を全社員が順守します。また、製品含有化学物質の適正な取り扱い管理に努め環境との協調・共生に努めます。
  3. ③ 事業に伴う環境負荷を低減し汚染の予防を図る為に、
    • 騒音の低減、粉塵の防止、大気汚染、水質汚濁等の適正処理に努めます。
    • 省エネルギー、省資源、廃棄物の低減、リサイクル環境配慮製品の設計、製造に努めます。
  4. ④ 関係官庁及び地域住民とのコミュニケーションを図り、環境保全に関する意識の向上を図ります。
  5. ⑤ 本方針ならびに中期経営計画に基づき環境・品質目標を明確にし、常に高い目標に挑む気持ちを忘れず、それを通じて、マネジメント システムの有効性を維持します。

以上の内容を、部門教育、社内広報等により、全従業員への周知徹底を図り、ホームページに掲載し社外にも公開します。

2019年9月1日
株式会社 住田光学ガラス
代表取締役社長 住田 利明

SUMITAは、
ISO14001:2015(環境マネジメントシステム)、
ISO9001:2015(品質マネジメントシステム)、
ISO13485:2016(医療機器における品質マネジメントシステム)
を取得しています。

ISO 14001

適用規格
ISO 14001 : 2015
審査機関
AFNOR
登録証番号
Env/2011/41031.3
登録適用範囲
光学ガラス、ファイバー及び応用製品の製造に係わる事業活動全般

ISO9001

適用規格
ISO 9001 : 2015
審査機関
AFNOR
登録証番号
QUAL/2012/42676.3
登録適用範囲
光学ガラス、ファイバー及び応用製品の製造に係わる事業活動全般

ISO13485

適用規格
ISO 13485 : 2016, EN ISO 13485:2016
審査機関
SGS
登録証番号
JP14/040381
登録適用範囲
医用内視鏡(軟性気管支鏡)の設計と製造、 医用内視鏡関連製品(光ファイバー、イメージファイバー)の製造